キシロカインゼリーのEDや尿道炎に対しての効果

キシロカインゼリーは、勃起して間もなく射精してしまう早漏を防止する治療薬です。男性性器の感度を一時的に麻痺させることにより、射精するまでに時間がかかる様になります。女性が満足できる可能性も高くなるので、信頼関係を構築する為にも有効な内容となっています。

キシロカインゼリーは、安全性の高さという部分でも信頼できる内容を備えていることがメリットです。気管内挿管をする時の皮膚麻酔や尿道麻酔としても利用されているほどだからです。このために、尿道炎であっても症状が悪化することはありません。逆に、自然治癒力を引き出すことにより、改善が早くなる可能性もあります。キシロカインゼリーの使用により尿道炎が改選する理由は、尿道の内部が清潔な状態になるからです。

男性の性に関する悩みとして、早漏や尿道炎と共に代表的なのがEDです。1990年代の後半から2000年代の初頭にかけて一大センセーションを世界中で起き起こしたバイアグラの例を挙げるまでもなく、多くの人が悩みを抱えている状況です。しかし、残念なことにキシロカインゼリーには、ED自体を改善する様な成分は配合されていません。

ただし、早漏を心配するあまりにEDになってしまった様なケースに対しては、キシロカインゼリーを使用することにより改善される可能性はあります。精神的な不安が解消することにより、状況が良化する場合があるからです。男性の性に関する問題は精神面が大きく影響を及ぼしているものが多いので、不安やストレスはマイナスに作用してしまいます。逆に、成功体験を積み重ねていくことにより、状況はどんどん良化していく可能性があります。つまり、悩むよりもまず行動を起こすことが必要となります。